2006年12月10日

女の命は

わたしの祖母はまだ小学生になるかならないかのわたしに、‘女は妊娠したら肌や髪が荒れるから、今どんなに美しくたって肌と髪だけは自慢してはいけない’と教えてくれました。それから20年ほど経ち妊娠6ヶ月目にしてそのことを身をもって体感中です・・もう亡くなってしまった彼女はスマートでユーモアに溢れていた女性。服はブラック、コーヒーもブラック、お買い物は高島屋、などハイカラでもありました。中学を卒業したら宝塚のショーに連れて行ってくれるって・・成人したら深紅の着物を作ってくれるって・・もっともっと教えてもらいたいことがありすぎたのに。。祖母の死は今でも惜しまれます。未来のひ孫のことも、わたしがしてもらったように‘お宝や〜お宝や〜’と可愛がってくれたんだろうな。

12月初旬 009.jpgburt_fly_sml.jpg

まるでチークをつけたように乾燥し赤い頬。デパートで高級化粧品を試してみたけれど・・染みちゃって染みちゃって!Burt's Beesで頭の先から足の先まで、やや、お口の中までケアできるようにいっぱい買っちゃった!
posted by ericoco at 00:00| シアトル 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | health&beauty | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。